毛周期とは

人の体には生えている毛には周期があります。ただ単に適当な時期に生えて適当な時期に抜けているのではないのです。毛には毛周期と言われる周期があり成長期と退行期、休止期に分けることが出来るのです。

成長期はまさに毛が成長している時期で伸びている時期になります。退行期は成長が止まり抜け落ちる準備に入っている時期となります。休止期は毛が抜け落ちた状態で再び成長期に入るのを持っている段階ということになります。
この成長期と退行期、休止期を繰り返すことによって新しい毛が生えて抜けていくこととなるのです。

最近、流行りの脱毛サロンやクリニックで行われている二の腕の脱毛などはこの毛周期に合わせて脱毛を行っています。脱毛の施術を受けるには光やレーザーをムダ毛に照射することとなるのですが、脱毛の効果が出るようにしようと思うと成長期のムダ毛に照射をすることで始めて効果が得られるのであって退行期や休止期の時期に施術を行っても効果は出ないと言います。

つまり脱毛サロンやクリニックでの二の腕などの脱毛は成長期にしか光やレーザーを照射しても意味がないものとなるので一度施術を受けると1カ月や2カ月程度は間をあけて施術をおこなうこととなるのです。

そのため、脱毛サロンなどで二の腕の脱毛などを完了しようと思うと1度や2度の施術で完了することはなく5度6度と施術受けてやっと完了することとなり1年や1年半かかって脱毛が完了するというようなことも珍しくないのです。

脱毛の方法

多くの女性が日ごろから気にしているムダ毛の処理。ムダ毛の処理をおこなうのはエチケットのようなものだとも言えますが、その方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

一番、手っ取り早い方法が自己処理となり、カミソリや電気シェーバーに毛抜きなどを使っての処理となります。多くの女性が一度は経験しているのではないかと思われます。注意点はケガです。

特にカミソリの場合は手元が狂うと思いがけないケガをしてしまう可能性もあるのです。除毛クリームを使用する手もありますが再々、塗らなくてはいけない可能性もあります。性能が格段にアップして多くの支持を得ているものに家庭用脱毛器があります。

足や二の腕などの脱毛などなら家庭用脱毛器でも可能だとも言えます。ただし、手が届かないような場所では家庭用脱毛器も他人の手を借りて行わないといけないリスクがあります。その意味では全身全部位に対してプロの手で脱毛を行う方法としては脱毛サロンやクリニックを利用する方法もあります。

光やレーザーを照射することで脱毛の施術を行うのですが通わないといけないという面倒な点もあります。それでも、以前と比べると費用面に関してもかなり安く施術を受けることもできるようになってきましたのでワキや足、二の腕の脱毛などに利用するにはお手ごろだと言うこともできます。

どちらの方法も二の腕などの特定部位だけの脱毛ではなく全身脱毛をおこなうことも可能となっています。プロの手で脱毛やアフターケアを受けることが出来ると非常に注目をされているのです。

自己処理で脱毛

二の腕などの脱毛をする方法として昔からある最も手軽な方法は自己処理となります。自分でムダ毛処理を行うことを意味しているのですが、主なやり方としては毛抜きやカミソリ、電気シェーバーの利用などとなります。

費用的にも安くできますし何といっても思い立った時にすぐに脱毛が出来ると言う点は魅力だと言えます。

ただ、ムダ毛というのは剃っても直ぐに生えてくるものです。カミソリなどを使用してムダ毛の処理を行ったとしても直ぐに新しい毛が生えてきて再び処理をしなくてはいけないと言う手間がかかります。それに加えて最も問題となる点は常にケガのリスクを背負っている点です。

刃物を使用しての自己処理は一つ間違えると肌を傷つけることになってしまう他、様々な肌トラブルを引き起こしかねないのです。自己処理は自分で行う処理ですので当然、二の腕の脱毛などのように自分の手が届く範囲しかできません。手が届かない部分は行いたくても自己処理は出来ないのです。

このように考えると自己処理は手軽さと費用面でのメリットがあるもののリスクが大きいこととなります。女性にとってのムダ毛処理は何も二の腕のように手が届く範囲を脱毛したら良いと言うものでありません。

手が届かない場所でも人目にさらすことになる可能性がある場所は結構あります。そうした場所の脱毛は結局、人の手を借りるしかありません。人の手を借りることが出来ないのなら必然的に脱毛サロンやクリニックに通う選択となる可能性が高いのです。

除毛クリームで脱毛

自己処理という範疇に入るかも知れませんが二の腕などの手の届く範囲の脱毛であれば除毛クリームを使用して脱毛を行う方法があります。除毛クリームはムダ毛部分に塗ることでムダ毛を溶かして脱毛を行うものとなります。簡単で手が届けばすぐに塗ることが可能なので手軽だと言えます。

脱毛サロンなどに通って時間をかけ施術を受けているような間がないと言う人にはピッタリだと言えます。自分の好きな時に好きな部位を脱毛が出来て即効性がある。カミソリのように肌を傷つけるようなリスクがないという点は非常の大きなメリットだと言えます。

しかし、除毛クリームにもデメリットはあります。手が届かない部分は自分だけでは脱毛ができないということです。また、敏感肌やアレルギーを持っている人は十分に注意をしないといけません。肌トラブルに見舞われる可能性があるのです。二の腕などでは即効性があり手軽に脱毛効果を実感できる除毛クリームですが、種類も色々です。

お肌のことを考えるのであればそれなりの信用が置けるものを使用するべきでしょう。そうなると結構な値段がかかることも理解しておかなくてはいけません。除毛クリームで二の腕などを脱毛してもムダ毛はすぐに生えてきます。生えて来たら除毛クリームでムダ毛を溶かす。

この繰り返しになります。思っている以上に実は手間もかかり費用もかかるのです。冷静に考えると脱毛サロンなどに通って自己処理いらずの肌になるのも魅力的だと言えるのです。

家庭用脱毛器で脱毛

二の腕などの脱毛を行う方法としてはカミソリや電気シェーバーなどの自己処理のように家庭で手軽にできると言うことは相変わらず支持をされることが多いようです。人目を気にすることなく人知れず行えるということはやはり魅力的だと言えるのです。その意味では家庭用脱毛器はピッタリの商品となります。

脱毛サロンやクリニックのように光やレーザーを照射することで二の腕などの脱毛をすることが家庭でも可能となっているのです。好きな時間に好きなだけ好きな場所を脱毛出来ると言う点も魅力的です。

脱毛サロンなどのように通う必要もなく予約をする必要もないですし、家庭用脱毛器は初期費用こそそれなりに必要となりますが脱毛サロンなどに通うことを考えるとトータル的に安価に済むので人気が出ているのです。ただ、家庭用脱毛器の光やレーザーの出力は必然的に弱めになっています。

脱毛サロンなどのようにプロが扱うわけではないのですから当然と言えるかもしれません。そのため、二の腕などの脱毛の効果は脱毛サロンなどに通うよりは低く脱毛が完了するための時間は多く必要となる可能性が高くなります。脱毛サロンやクリニックでは施術後の保湿などのアフターケアは十分な対応をしてくれます。

肌トラブルを防ぐためです。家庭用脱毛器でも肌トラブルを行う可能性はあります。自分自身でアフターケアをしっかりと行うようにすることも家庭用脱毛器を上手に使用していくポイントになるのです。